logo

812-0013
福岡県福岡市
博多区博多駅東1-13-9
博多駅東113ビル4F
GoogleMap

TEL 092-473-8590
FAX 092-409-2206

問い合わせフォーム

Blog

イベントレポート / 2016年11月11日(金)【IT経営フォーラム2016 in 福岡】

  |   Evernote, セミナー, セールスフォース, 新着情報, 開催レポート

image1-min

IT経営フォーラム2016in福岡イベントレポート

こんにちは! IT経営フォーラム2016in福岡のイベント事務局、クラウディアジャパンの安部直樹です。 11/11(金)に IT経営フォーラム2016 in 福岡を開催いたしました。 当日はJRの停電のため、遅延や運休が相次ぎ参加希望のお客様が会場まで到着出来ないといったトラブルもありましたが、おかげさまで多数の方々にご来場いただくことが出来ました。 楽しみにして頂いていた皆さま本当にありがとうございます!!

 

当日の準備の写真を少しだけ・・・

image2-minimage3-min左から今野、赤崎、白石

image4-minimage5-min左から谷口、ジェイソン、藤永、赤崎

 

image6-minよーし!準備万端!ということでお客さんをお迎えします!!ワクワクワクワク・・・

 

入場開始

日頃はコールセンターとしてお客様への案内をしてくれているアポインターさんです。

image7-min

左から『江上史佐子』さん『宅和久美子』さん

image8-min受付の様子

 

 

image9-min image10-minオープニングセッションまでの時間も出展ブースを回覧して頂き多いに盛り上がっていました。

 

image11真剣にお客様に案内する西小野

image12-min楽しそうにお客様と会話する村木

 

オープニングセッション

さて、ここからいよいよオープニングセッションの始まりです。 スペシャルゲスト登場!!
image13-min

株式会社テラスカイ グローバルアライアンス部長
ジェイソン・ダニエルソン 氏 (厚切りジェイソン)

1986年生まれ、2007年ミシガン州立大学工学部卒。シカゴGE Healthcare ITに入社し、並行にイリノイ大学アーバナーシャンペーン校の大学院を卒業。2010年にビックマシーンズ日本法人の立ち上げに参加、カントリーマネージャーに就任。2012年、株式会社テラスカイに入社し、米国法人TerraSky Inc.を設立。同年より、グローバルアライアンス部長と米国法人の副社長を担当。

 

『クラウドの未来』 〜ITの活用で企業の未来は変わる〜

セッションでは、ジェイソン氏に3人のお子さん話を用いて『クラウドの未来』を語って頂きました!! 短い時間ながらこれからのITがどうあるべきか、その考え方までも分かり易くお話しいただきました。

カメラサービスもあり、会場も大盛り上がり!! ジェイソン氏の大真面目なセッションでスタートしました!!
アメブロでもこんな感じで紹介して下さっています。http://ameblo.jp/atsugirijason/entry-12218452543.html

image15-min image14-min忙しいスケジュールの中、来福してくれたジェイソン氏に感謝です!! 後ほどパネルディスカッションにも登壇します。

 

第一講座①

ここからは第一部の事例セッションです。 主催クラウディアジャパンの瀬戸口よりお話しさせていただきました。
image16-min

クラウディアジャパン株式会社
代表取締役 瀬戸口 将貴

大手通信会社に入社し、法人営業部門の取締役として 2008 年にクラウド型営業支援システムである Salesforce を導入。導入 1 年で前年比粗利額 132%アップを実現し、そ の実績を見込まれて Salesforce 九州ユーザー会会長に就任。 2013 年にクラウドに特化したシステムインテグレータであるクラウディアジャパン株式会社を設立。代表取締役 に就任。九州を中心にクラウドサービスの普及を推進している。 主にクラウドツールを活用した営業部門の生産性向上などを得意としており、すでに100社を超える企業へノウハウと技術を提供。 本フォーラムの主催者であり、クラウディアジャパンは2016年4月に株式会社テラスカイと業務資本提携により地方での存在感を増している。

『地方の中小企業になぜ今クラウドが必要なのか』

image17-min
クラウディアジャパンとしての歩み。 2013年は社員4名でスタートしたのですね〜 僕は在籍していませんでしたが、4期目で32名まで増えています。支えて下さっているお客様に感謝です。

講座は『地方の中小企業になぜ今クラウドが必要なのか』というテーマですが、地方で加速している人口減少と労働人口について。 人口減少のスピードより、労働人口減少のスピードが早いんですね。 地方の一経営者として一人ひとりの生産性を確保するのか?そういった命題がクラウディアジャパンにはあります。 そういった意味では、クラウドやIT化というのは地方ビジネスには不可欠なことなのです。

image18-min
そして、弊社でご支援させていただいているお客様の事例紹介です。

税理士法人統合経営システムパートナー
株式会社楠本浩総合会計事務所、株式会社楠本統合戦略マネージメント、楠の木会・会計人共同体 楠本浩総合会計事務所様は、創立64年の会計士事務所で、士業をネットワークしたビジネス展開であらたな市場を創造していらっしゃいます。

日本全国の会計士のコミュニティ”楠の木会”を立ち上げられ、福岡から”全国の会計士たちを変えていこう”という取り組みをされています。 下記より動画も見ることができます。

 

 

 

第一講座②

事例セッションの第二弾はテラスカイの佐藤社長で大手企業(エンタープライズ領域)のお客様事例です。

image19-min

株式会社テラスカイ
代表取締役社長 佐藤 秀哉 氏

1963年新潟県生まれ。87年東京理科大学理工学部卒業後、日本IBMに入社し、営業職に従事。2001年米セールスフォース・ドットコム日本法人の立ち上げに参画し、執行役営業統括本部長。05年システムインテグレーターのザ・ヘッド社長に就任。06年同社から分離独立したヘッドソリューションの社長に就任。07年2月テラスカイに社名変更。15年4月30日マザーズ上場。 マザーズ上場時、これからの期待値が非常に大きく、株価の急上昇が非常に話題となった。

 

『大企業の事例から学ぶこれからのIT活用の在り方とは』

image20-min

当日はWEBや資料にはアップ出来ないような大手企業の名前も ーーー。

image21-min
皆さん真剣な表情で聞いていただいています。 講座の中では、『クラウドファースト』から『クラウドマスト』の世界へ 。特に大手企業ではマルチクラウド化が進んでおり、クラウドなしでは話が進んでいかないとのこと。 さらに大手企業、中小企業の垣根が無くなってきており早期に取り組むことの重要性についても語って頂きました。

次世代型グループウェア『mitoco』についても紹介されました 。
https://www.mitoco.net/index.php

是非一度ご覧下さい。

 

 

 

第一講座③

続いてはAWSを専業でやられているサーバーワークスの大石社長の登壇です。
出るか!!切腹プレゼン!!

image22-min

株式会社サーバーワークス 代表取締役
大石 良 氏

1973 年 新潟市生まれ 、1996 年 東北大学経済学部卒業 丸紅株式会社入社後、インターネット関連ビジネスの企画・営業に従事 2000 年 当社設立、代表取締役に就任。 「クラウドで、世界をもっと、はらたきやすく」というビジョンを掲げ、企業の業 務システムのクラウド移行に注力している。

『データ活用から見えてきた、企業の抱える課題解決法』

 

image23-min
image24出ました!!!!!!切腹プレゼン!!!!
まだ知らないなーという人は是非一度大石社長の講演聞いてみて下さいね。

 

講演で印象に残ったのは、2011年の東日本大震災の際、日本赤十字社からの依頼。

環境構築2時間、アプリ開発48時間

  • 3月14日 日本赤十字社様との打ち合わせ
  • 3月15日 サイト復旧
  • 3月17日 義援金管理システム稼働開始

本当にこのスケジュールで構築をされています。この普及の早さで寄付金や支援が円滑になったとのこと。本当に震災以降、クラウドの必要性が高いことが証明されていますね。

また、セキュリティやデータについても言及されました。

  1. クラウドのセキュリティ≒銀行
    「むしろ積極的に使ってセキュリティの向上を」
  2. データをためる基盤はAWSが最適。
    それぞれの形式にマッチしたサービスを選択して、データを生きる形で格納。
  3. データは貯めてからが本番。
    まず貯めて、それから分析して「これまで気づかなかった」事実をあぶり出す

 

早い!安い!うまい!のクラウドになぜしないの?という内容に答えが見つかったような講演でした。

image25-min

 

 

 

第二講座

第二講座は『ガイアの夜明け』にも出演された、中村社長です。

image26-min

 

株式会社ジャパンインバウンドソリューションズ 代表取締役
中村 好明 氏

1963年、佐賀県生まれ。上智大学出身。2000年㈱ドン・キホーテ入社。広報・IR・マーケティング・新規事業の責任者を経て、08年7月、社長室ゼネラルマネージャー兼インバウンドプロジェクトの責任者に就任。13年7月、㈱ジャパン インバウンド ソリューションズを設立、その代表に就任。ドン・キホーテグループに加え、国・自治体・民間企業のインバウンド分野におけるコンサル業務、教育研修事業、プロモーション連携事業に従事。

 

 

『インバウンド戦略は2.0から3.0へ』
~インバウンドビジネスにおけるマーケティング戦略最前線~

image27-min

 

インバウンド2.0は2014年10月から62年ぶりの外客免税の法令改正 によって始まった。 簡単にいうと、消費可能な物品の消費税が全品免税となりショッピングが訪日市場の表舞台に登場するようになった。

【インバウンド2.0時代の特徴】

  1. 訪日外客の地方拡散
  2. 個人旅行(FIT)への急速な移行
  3. LCCの台頭と訪日外客の大衆化・リピーター化

 

【インバウンド3.0時代】
インバウンド時代の起点は2020年の東京五輪であり実現すべきこと

  1. 全産業がインバウンドに関わること
  2. 中央の全省庁、地方自治体の全部局がインバウンドに関わること
  3. インバウンド戦略としての地域連携・官民恊働

 

SNSの重要性についても言及され、現在のインバウンド戦略はWEBからSNSへシフトしている。 また、日本においては観光立国としてのインバウンド戦略が大事だということ。 観光立国なくして地方創生なしと言い切るほど、地方と観光は密接した関係にある。内需を期待出来なくなった地方がどうビジネスを発展させていくのかを語って頂きました。

image28-min中村さんは講演後、すぐに上海へ飛び立たれました。 1日に平均3、4回飛行機に乗ることが多いそうです。 三半規管の弱い僕だと、めまいがしそうです。

 

さて、ここから休憩を挟みます。

 

〜休憩中の様子〜

楽しそうですね〜!!!

image29-min
写真はOP、第一講座でも登壇いただいた、大石社長/佐藤社長/瀬戸口/ジェイソン氏

 

 

 

 

第三講座①

第三講座は我らがSalesforce、セールスフォース・ドットコムの安田さんの登壇です。

image30-min

株式会社セールスフォース・ドットコム
執行役員
安田 大佑 氏

2000年にDELL入社。法人向け中堅中小企業部門、コンシューマー部門の営業マネージャー、中国大連にて日本向けオペレーションサイトのマネジメントを経て、ITメーカー中心としてセールス・マーケティングのアウトソーシングする米国企業MarketStar Corporation日本代表に就任。その後、クラウド型メッセージング・Webセキュリティを展開する世界シェアトップであるメッセージラボ(現シマンテック.cloud)ジャパンコーポレートセールス シニアマネージャー。2011年よりセールスフォース・ドットコムに入社、現職に至る。

 

『企業のイノベーションは地方ですでに始まっている』
〜地方ビジネスだからこそIT活用がカギ〜

image31-min
講演内容のポイントになったのは3点です。

  1. テクノロジー活用のポイント ITツール導入で何が変わるべきなのか?
    ⇒情報伝達コストの削減
  2. 人工知能(AI) と CRM/SFA  本当に人工知能で顧客管理や営業支援は変わるのか?
    ⇒本当の意味でまだAIは企業にとって複雑である (社内にデータサイエンティスとはいない)
    ⇒【Salesforce Einstein】 シンプルに活用出来るようにCRM・SFAに特化したAIの誕生
  3. リーダーシップの “実行動” チームメンバーの気持ちを動かす行動 > 言葉や思い
    ⇒変革を実現する為には経営層・管理職におけるリーダーシップが必要

 

【成功しない組織に見られる傾向】

image32

非常に印象的だったのが、 テクノロジーが常識を変える

“世の中が変わってからテクノロジーを使うのか?”
それとも “テクノロジーを使い世の中を自分が変えるのか?”

どちらが成長出来る企業かは明白です。

 

 

第三講座②

続いては、ゾウのマークでも有名なエバーノートの積田さんです。

image33-min

エバーノート株式会社
日本・アジア太平洋地域 ビジネスアカウント担当ディレクター
積田 英明 氏

16歳で単身アメリカに渡り、大学時代までサンフランシスコ、シリコンバレーで過ごす。San Jose State Universityにてコンピューターサイエンスを専攻。2007年日本マイクロソフト(株)に入社。Technical Account Manager として、同社のエンタープライズ向けクラウドサービスを導入している大手顧客企業の技術サポートを担当。2012年よりEvernote (Japan) にて、法人向け新クラウドサービス「Evernote Business」の立ち上げに従事し、世界同時リリースの成功に寄与。NTTドコモ社と世界初の代理店契約を締結し、地方にもクラウドを活用いただけるようにSMBに特化した2番目の代理店ビジネスモデルのパートナーシップを発表し、日本とアジア太平洋地域におけるパートナーシップ・営業を担当し、Evernote Business の拡販に努める。

 

『企業のイノベーションは地方ですでに始まっている』
〜世界2億人以上に使われているEvernoteが語るEvernote Businessの魅力〜

image34-min
Evernote積田さんの自己紹介から。 伝説の”父と交わした誓約書” 僕も記事でしか見たことが無かったので感動しました。
参考記事

http://biz.bcnranking.jp/article/interview/face/1406/140626_136821.html

既に、自社にEvernote Business(法人向けサービス)を導入されている企業様はもちろんのこと、「Evernote Businessとは?Evernoteは個人利用しているけど、どうビジネスに活用出来るのだろう?」等々…その様な疑問を持つ各企業に役立つ情報満載でした。

Evernoteの使い方は自由度が高い為、色々な工夫次第でより使いやすいツールになります。例えば今まで何工程も重ねたやり取りなど、スマートデバイスで撮った写真を活用し、Skitchという無料アプリを利用して、指示を出したい画像に書き込んでEvernoteで共有することで、スムーズに正確な情報共有できる連携アプリ機能など、積田さんは実際の操作画面でデモをしながら、とてもわかりやすく興味深いご説明をいただきました。

image35-min
Scannable(名刺情報スキャン)なども便利ですよね。 ビジネス活用においてEvernote Businessがどのように利用されているかもご紹介いただき、その後の展示ブースはたくさんの人が集まっていました。

 

 

〜休憩時間〜

スライドショーには JavaScript が必要です。

休憩中のブースの様子ですが、もの凄い賑わいで皆さん情報収集をされてました。ビジネスセミナーということもあり、活発な名刺交換がされていました。 『もっともっとブースをゆっくり見たかった』 『名刺をもっと持ってくれば良かった』 『Playstation®VR(camera同梱版)が欲しい!!』 などなど色んなご意見もいただきましたので、来年の開催では皆さんのビジネスに役立ちそうな展示ブースや仕掛けを準備いたします!!

出展ブース一覧 

 

パネルディスカッション

いよいよここからは終盤のパネルディスカッションです!!

image43-min

「本当に人工知能に仕事が奪われる?」
「人手不足の中で企業が成長するために本当に必要なことは?」
「未来へのチャレンジ」
「なぜ地方のビジネスにITが必要なのか」

ファシリテーター:クラウディアジャパン株式会社 瀬戸口 将貴
パネラー:株式会社テラスカイ 佐藤 秀哉氏
株式会社サーバーワークス 大石 良氏
株式会社テラスカイ ジェイソン・ダニエルソン氏

image44-min image45-min image46-min
書きたいことはたくさんあるのですが、内容自体は各個人の見解を多く含むので大まかな内容をレポートしようと思います。

AIに人間の仕事を奪われるのか?というテーマに関しては、”奪われるか”ということに対してはYesの意見が多かったです。ですがあくまで限定的で自動車や飛行機の自動運転やタクシーなど人が必要ない部分。 鉄腕アトムやドラえもんのようなロボットに奪われる訳ではないと。そこまで到達するには想像よりも時間がかかりそうだとの見解でした。

IT活用や人手不足のテーマにおいては、ジェイソン氏から”日本ビジネス文化のなぜ?”も飛び出しましたが、ITをうまく使って個人個人の生産性をいかに向上させていくかということ。これに取り組んでいる企業とそうでない企業はあっという間に差がひらく。そういった取り組みをしている会社に若い労働力は集まり、取り組まなかった企業には本当の人手不足が到来すると。

未来へのチャレンジ スピーカの皆さんに共通するチャレンジですが、佐藤社長からはやはりこれから2020年以降ピークを迎えるIT業界でクラウド専業のTOPで走り続けること、大石社長からは多くのプロフェッショナルが働きたいと思える会社であることへの挑戦、ジェイソン氏からは色んな縁でビジネスマンとしてお笑い芸人として影響を与えられることが増えている。少しでも周りの方達がいい方向へ迎えるような影響を与えていきたい。という内容をもらいました。

皆さん明確に自分の向かう方向に舵を取られています。 第一線を走る3名に話を聞いている中で、普段ビジネス誌やセミナーで聞けないような理想論だけではない、本音ベースの内容もたくさんお聞きすることができました。 ありがとうございました!!

 

 

Playstation®VR(camera同梱版)当選者発表!!

image47-min
クラウディアジャパン瀬戸口よりPlaystation®VRをプレゼントさせていただきました!

image48-min

贈呈後に弊社の村木(右)と撮影。 当選したナレッジソフト株式会社の浜砂さん(中)です。 おめでとうございます♪

 

 

 

最後に

『閉会』 これを持ちまして閉幕となりました。 ご来場いただきました皆さま誠にありがとうございました。 また、セミナーレポートを見ていただき、本当にありがとうございます。 本フォーラムは登録で最終380名を突破することが出来ましたこと、心より感謝申し上げます。

2017年の開催も2017/11/10(金)と決定しております! 皆さま奮ってご参加ください。 IT経営フォーラム2016in福岡 イベント事務局&スポンサー様一同 皆さま、また来年お待ちしています!!

 

IT経営フォーラム2017in 福岡 の事前予約承ります!
http://www2.jp-cloudia.co.jp/l/78232/2016-11-16/5sxdnp

また、近日開催予定のセミナー情報はこちら からご覧いただけます。