logo

812-0013
福岡県福岡市
博多区博多駅東1-13-9
博多駅東113ビル4F
GoogleMap

TEL 092-473-8590
FAX 092-409-2206

問い合わせフォーム

Blog

【Evernote をビジネスで使う】~外勤営業マンの場合~

  |   Evernote, 新着情報

原田さん こんにちわ クラウディアジャパン株式会社でEvernote Businessを担当しております原田です。今回のテーマは 「Evernote Businessの簡単な利用シーン 初級」 さて今回は外勤営業マンの運用事例を説明します。

 

 

 

 

個人利用から全社利用へ

外を回る営業マンが複数名いる企業様は、日々お客様へ訪問し、商品(モノに限らず)を販売、提案していると思われます。お客様に対して取り扱っている商品のパンフレットや仕様書、日々お客様からいただいた名刺など非常に多くのペーパーに囲まれ、その整理ができない状態になっています。

それでも日々の仕事はなんとか回っており、ある程度の業績を上げられていましたが、1人の若い営業マンは個人でEvernoteを利用していました。訪問履歴やメモ等他、手帳に記載していたような内容をすべてEvernoteに入力していました。

 

それを見た代表者様がこれを社内共有ツールとして使う事が結果的に業績アップ、コストダウンに繋がると思い、社内で利用するようになりました。

 

 

 

 

Evernoteへの切替え

 

✪ [ TU MANDAS! ] MÓNTATE TUS PROPIAS REGLAS Profesionales!!!
まずは、一日の業務の目標と結果の情報をもとにし 営業日報の仕組み化を計ります。

 

これまで日報は紙に書かれていました。書いた営業日報は上司やチームメンバーに対してメールで送信するルールになっていたが、忘れたり自宅に帰ると見れない、送れない等発生していました。その場合は朝送ったり、二日分まとめて送ったりしていました。泊りの出張等でも送りたくてもなかなか送れないこともありました。

そういう状態では現状の問題や日々の報告が遅れ、アプローチもそれだけ遅くなります。

一方、Evernoteを使った日報作成や訪問状況は、マルチプレイスで入力確認可能!管理者は閲覧含め、アプローチフォローもリアルタイムでできるので抜けや漏れを防げ、機会損失が格段に減らせます。 また過去日報から読み取る応対状況も即座に検索し確認したり、前回の応対内容を振り返ってからお客様と対応したり、これが容易に且つどこからでも行えるメリットはすごく高いです。

 

まとめ

お客様からの要望はとにかくスピーディーに。

日報を営業戦略に落とし込む仕組みはすごく簡単ですが、やっていない企業様はまだまだ少ないと思います。

あくまでも一例で日報についてお話し致しましたが、Evernoteを使った活用方法としては一番導入しやすい活用方法になります。

 

まとめると、

  • 今まで紙で管理していたモノをデータ化して閲覧をどこからでもいつでも容易に。
  • 機会損失が発生しているものを発見し事前に防ぐ。

 

 

これだけでも業績は数パーセントあがります。

1日ではほんの少しでも年間にすると膨大な利益です。